ミナミサワ

お問い合わせ

お客様サポートよくあるご質問

小便器用

Q新FM6シリーズのアンダーカバーはどうしてこのような形をしているの?
A

後付けでも新鮮なトイレ空間に。計算されたフォルムです。

新しいFM6シリーズの開発コンセプトの一つに「後付けでも新鮮なトイレ空間に」というものがありました。
そこで既存フラッシュバルブと一体感を持たせるようアンダーカバーを付けております。
そのアンダーカバーの形状ですが、寒冷地仕様のフラッシュバルブには横に出っ張った「凍結防止用流動弁」が付いており、この仕様のバルブに取り付けても綺麗にみえるよう、カバーのサイド部は曲線状に切り取った形状になっています。

Qフラッシュマンが赤点滅しているがなぜか?
A

フラッシュマンのセンサー窓で赤点滅しているのは電池交換時期のお知らせです。
但し、機種によって赤点滅時の動作状況が多少異なります。

FM6(初期品)

1秒間隔の点滅で電池交換時期を1~2週間お知らせします。
お知らせの間も自動洗浄・手動洗浄はおこないます。
お知らせ期間が過ぎると赤点滅も無くなり全く動作いたしません。

FM6(現行品)

1秒間隔の点滅で電池交換時期を1~2週間お知らせします。
お知らせの間も自動洗浄・手動洗浄はおこないます。お知らせ期間が過ぎると点滅間隔が変わり(約3秒間隔で3回連続点滅)自動洗浄・手動洗浄共に出来なくなります。
赤点滅は電池が終わるまで続きます。

フラッシュマン96(F96)

電池交換は赤点滅と「ピーピー」という音でお知らせします。
電池交換のお知らせが始まっても自動洗浄・手動洗浄ともにおこないます。
但し、早めに電池交換をしてください。そのまま使い続けると誤動作を起こす可能性があります。

フラッシュマンスーパー,エコ,アルファ,憩

電池の交換時期になると赤点滅でお知らせします。
但し、赤点滅開始と同時に自動洗浄も停止します。手動洗浄は自動洗浄停止後もしばらく出来ますが、そのまま使い続けると誤動作を起こす可能性がありますので早めに電池交換してください。

電池交換の方法こちらからご確認ください。

Qフラッシュバルブが横を向いているがフラッシュマンを設置できますか?
A

フラッシュマンFM6シリーズならフラッシュバルブ・押しボタンの向きに関係なくフラッシュマンを正面に向けて設置できます。

フラッシュバルブも新設が必要な場合はFM6TFV(FM6TとFVA113[装着バルブ]のセット品番です)の採用をご検討ください。詳細は設置事例[フラシュマン FM6 ならフラッシュバルブが横向でも設置できます。]をご覧ください。

尚、FM600はフラッシュバルブの向きでしか取り付けできません。

Q「フラッシュマン」の洗浄水量がかなり少なくなった
A

主な原因と対応

・止水栓の開閉量が少ない → お客様で確認、調整。
・ストレーナーの詰まり →お客様で、製品の取り外しで確認、清掃。再取付け。
・ゴム部品の消耗、劣化 →修理対応が必要。

長年ご使用頂いた場合、水質や使用頻度により内部のゴム部品が劣化、消耗し、水量が非常に少なくなる場合があります。この場合は、修理対応が必要になります。(一部機種は除く)

上記の修理の依頼や取り扱い方法については、 機種、品番をお確かめいただきユーザーサポートへお問い合せください。

Qフラッシュマンに節水効果はあるか?
A

設定(前洗浄・本洗浄時間、止水栓の開閉による水量調節)によっては効果があります。

押しボタン式だった場合「フラッシュマン」設置前に押しボタンを押す人の割合がどの程度であったかによって、自動洗浄になった場合必ずしも節水につながらない場合もあります。
なお、ハイタンク式などの連立洗浄式(小便器)を「フラッシュマン」で個別自動洗浄式に改装した場合は、著しい節水ができます。詳しくは別資料『節水改装事例集』でご紹介していますので、お問合せください。

Q電池(2CR5)の種類と入手方法は?
A

設定(前洗浄・本洗浄時間、止水栓の開閉による水量調節)によっては効果があります。

「フラッシュマン」、「水すいSui-Sui」に使用している電池は、「2CR5」というカメラ用リチウム電池(6V)が1個です。小型ですが高性能で、長期間ご使用いただけます。従来はカメラ・フラッシュに使用されていました。流通価格は概ね1個1,000円~1,500円です。電化製品量販店・ホームセンター・カメラ店などでお買い求めください。数量が多い場合など、弊社でも販売しております。

Q自動洗浄をストップさせることはできるか?
A

感知後の自動洗浄をストップさせることはできません。

一時的に清掃時に無駄な水を流さない工夫としては、「フラッシュマン」本体に袋状のカバーかぶせる、布や雑巾をかぶせるなどして、感知窓を塞ぐと水は流れません。特に排水側の詰まりで小便器から洗浄水が溢れる状態の場合は、センサー感知窓を紙やテープを貼りるなどして、流さないようにしてください。修理の際はマイナスドライバーでフラッシュバルブの止水栓を閉めることがより安全です。

Q24時間ごとのタイマー洗浄の設定変更は可能か?
A

このタイマー洗浄は基本プログラムとして設定されており、変更はできません。

便器を長時間使用しないと、トラップ内の水が減少し、下水管から悪臭が流れ込んだり害虫が侵入したりします。これを防ぐのがタイマー洗浄であり、常に快適なトイレをご使用いただくためには欠かせない機能と言えます。

自動水栓

Q「水すい」の洗浄水量がかなり少なくなった
A

主な原因と対応

・止水栓の開閉量が少ない → お客様で確認、調整。
・ストレーナーの詰まり →お客様で、製品の取り外しで確認、清掃。再取付け。
・ゴム部品の消耗、劣化 →修理対応が必要。

長年ご使用頂いた場合、水質や使用頻度により内部のゴム部品が劣化、消耗し、水量が非常に少なくなる場合があります。この場合は、修理対応が必要になります。(一部機種は除く)

上記の修理の依頼や取り扱い方法については、 機種、品番をお確かめいただきユーザーサポートへお問い合せください。

Q節水効果はあるか?
A

自動水栓はセンサーに手をかざしている時だけ水を流しますので、水の出しっぱなしや蛇口の締め忘れによる水の無駄遣いは解消されます。

また「水すい」は吐水口に泡まつ金具を内蔵しておりますので、手洗い感を損なわず、確実な節水ができます。

Q電池(2CR5)の種類と入手方法は?
A

設定(前洗浄・本洗浄時間、止水栓の開閉による水量調節)によっては効果があります。

「フラッシュマン」、「水すいSui-Sui」に使用している電池は、「2CR5」というカメラ用リチウム電池(6V)が1個です。小型ですが高性能で、長期間ご使用いただけます。従来はカメラ・フラッシュに使用されていました。流通価格は概ね1個1,000円~1,500円です。電化製品量販店・ホームセンター・カメラ店などでお買い求めください。数量が多い場合など、弊社でも販売しております。