ミナミサワ

お問い合わせ

取付けのハウツー壁埋め込みセンサー(TEA95 TEA96)を
フラッシュマンへ改装

壁埋め込みセンサー(TEA95 TEA96)をフラッシュマンへ改装

壁埋め込み型センサーから、工期・コストを抑えてフラッシュマンへ改装

設置製品 フラッシュマン FM6TW-S
取付時間 約1時間以内

TOTO製 壁埋め込み型 小便器感知洗浄器(TEA95,96 他)には、部品提供が終了しているものがあり、センサ部故障でも代替機種や新型小便器への交換などで工期も含め、高額な費用が発生してしまいます。 壁埋め込み改装用 フラッシュマン FM6TWシリーズで、低コスト・短工期で復旧させた事例をご紹介します。

事前準備

以下の点を事前に確認してください。
・故障部分はセンサ部ユニット(基板部分)もしくは電磁弁である。
・バルブ本体、洗浄管、継ぎ手部の漏水、破損は見られない。
・バルブ本体の止水栓で止水、通水が問題なくできる。

既存センサの取り外し、AC電源処理

  • 1

    止水栓を閉め、ピストンを取り外す

    右写真の専用工具(TOTO品番:TZ115-9)を使用して、ピストンバルブのフタをはずします。
    フタは固く締まっているのでマイナスドライバーでは溝がなめてしまいます。専用工具を使用することをお薦めします。

    wall_img_04.jpg

    ピストンバルブを取り外し、その後専用工具でしっかりとフタを締めます。

  • 2

    電磁弁ユニットの固定ネジを外す(電池タイプ)

    20130417_step_02.jpg

  • 3

    電磁弁ユニットのナットを緩め、電磁弁を取り外す。

    右は電磁弁ユニットを取り外した状態

    ミナミサワから速やかに交換品(必要な場合は工具も同梱)を発送します。

  • 4

    電磁弁撤去後の処理1 専用パーツ(電池用)で電磁弁撤去後の封水をする。

    詳細は「フラッシュマン 壁埋め込みセンサー用 FM6TWシリーズ」をご覧ください。

  • 5

    電磁弁撤去後の処理2 既設ヘリューズ管(L型)を取り外し、壁穴の継ぎ手から小便器の間にフラッシュマンを設置する。

    kabe_toto.jpg

(使用した部品リスト)

  • フラッシュマン  品番 [FM6TW-S] 
  • 壁埋め込み改装用 専用パーツ付(封水金具、キャップナット、化粧パネル他)  

(同様の方法で改装できる壁埋込型センサー)

  • TOTO TEA95(D) (正方形)
  • TOTO TEA95L(D) (長方形)
  • TOTO TEA96(D) (正方形)
  • TOTO TEA96L(D) (長方形)

Dがつく品番は電源が電池タイプです。D無しはAC100Vタイプです。INAX製はお問い合せください

上記写真例は、TEL95L(長方形)をフラッシュマンに切り替えた事例です。
U370小便器で洗浄管の長さが短い場合(約70mm~100mm)の専用品番:FM6TWZ2を使用